FC2ブログ

2008-10

第602回「パソコンは、デスクトップ派?ノートパソコン派?」

仕事ではデスクトップ、自宅ではホームページ更新はデスクトップ、ブログ更新・ネット閲覧等は
ノートを使用しています。
ホームページ更新時はデスクトップで、ノートでサイトの確認をしなが作業を行なっています。
デスクトップが古くなったので、そろそろ買い替えの時期かな?と思い、只今思案中です。
最近はネットブックが各メーカーから発売されるようで、コレがあれば通勤時にブログの
更新も可能かな?なんて思い性能について、あれこれと調べています。
ネットブック情報なんてページを作成し各メーカーを比較していきます。
PCはどちら派というよりもTPOに合わせるのがいいと思います。
どちらか一台とすれば・・・・・・・・・・・・
画面の大きさでデスクトップでしょうか。
では、では、
スポンサーサイト



BTOでデスクトップパソコン購入!(CPU編-3)

今回はインテル® Core™2 Quadとインテル® Core™2 Duoの性能比較について。
まずは、こちらのページをご覧下さい。
インテル® Core™2 Quadプロセッサー Q6600とインテル® Core™2 Duoプロセッサー E6850の
性能が比較されています。
プロセッサーの価格は、
インテル® Core™2 Quadプロセッサー Q6600 : ¥22,480
インテル® Core™2 Duoプロセッサー E6850 : ¥20,960
となります。(ドスパラより)
同価格帯で比較ですの参考になると思います。

ベンチマークで知るインテル® Core™2 Quad プロセッサーの実力

上記ページはインテル® Core™2 Quadプロセッサー Q6600の広告ですから、良いところを
抜粋していると思われます。

動作周波数は、
インテル® Core™2 Quadプロセッサー Q6600 : 2.40GHz
インテル® Core™2 Duoプロセッサー E6850 : 3GHz
と数字で表せない部分があり、コア数によりエンコード・マルチタスク環境での優位さが見られます。
消費電力については、インテル® Core™2 Duoプロセッサーの方が勝るようです。
価格を見ると、
CUP価格
Q9650\ 62,979
Q9550\ 36,880
Q9450\ 35,800
Q9400\ 31,460
Q9300\ 31,980
E8600\ 30,780
Q8200\ 25,280
Q6700\ 29,980
Q6600\ 22,480
E8500\ 21,460
E6850\ 20,960
E8400\ 18,800

となり価格面から見ると、Q9450かE8600、Q6600かE8500の選択となりますか?・・・
選択に参考になるサイトをどうぞ・・・
楽天主義者の優越>Q9300 いよいよ発売 Q6600、E8500との比較
X-bit>Core 2 Quad Q9300 vs. Core 2 Duo E8500
上記サイトを見ると
現在の多くのアプリケーションを使用している中では、動作クロックを重視した方が良いようで、
マルチタスクアプリケーションが多く開発されるかによって、Core™2 Quadの選択もありそうです。

全国31店舗展開!BTOパソコンならドスパラへ!

次回は、CUP選択に、終止符を・・・・・・・。

BTOでデスクトップパソコン購入!(CPU編-2)

前回より、インテル® Core™2 Quad、インテル® Core™2 Duoについて、
調べますという事でこの2種類の性能のついて。

インテル® Core™2 Quad プロセッサーの種類
1つのCPUにコアが4つ入ったCPU。並列処理に強い。
Core 2 Quadコア数クロックFSBL2製造プロセス仮想化技術
Q965043.00GHz1,333MHz6MB(共有)×245nm
Q955042.83GHz1,333MHz6MB(共有)×245nm
Q945042.66GHz1,333MHz6MB(共有)×245nm
Q930042.50GHz1,333MHz3MB(共有)×245nm
Q670042.66GHz1,066MHz4MB(共有)×265nm
Q660042.40GHz1,066MHz4MB(共有)×265nm


インテル® Core™2 Duo プロセッサーの種類
1つのCPUにコアが2つ入ったCPU。
Core 2 Duoコア数クロックFSBL2製造プロセス仮想化技術
E860023.33GHz1,333MHz6MB(共有)45nm
E850023.16GHz1,333MHz6MB(共有)45nm
E840023GHz1,333MHz6MB(共有)45nm
E830022.83GHz1,333MHz6MB(共有)45nm
E820022.66GHz1,333MHz6MB(共有)45nm
E819022.66GHz1,333MHz6MB(共有)45nm×
E730022.66GHz1,066MHz3MB(共有)45nm×
E720022.53GHz1,066MHz3MB(共有)45nm×
E685023GHz1,333MHz4MB(共有)65nm
E675022.66GHz1,333MHz4MB(共有)65nm
E670022.67GHz1,066MHz4MB(共有)65nm
E660022.40GHz1,066MHz4MB(共有)65nm
E655022.33GHz1,333MHz4MB(共有)65nm
E654022.33GHz1,333MHz4MB(共有)65nm
E642022.13GHz1,066MHz4MB(共有)65nm
E640022.13GHz1,066MHz2MB(共有)65nm
E632021.86GHz1,066MHz4MB(共有)65nm
E630021.86GHz1,066MHz2MB(共有)65nm
E460022.40GHz800MHz2MB(共有)65nm×
E450022.20GHz800MHz2MB(共有)65nm×
E440022.00GHz800MHz2MB(共有)65nm×
E430021.80GHz800MHz2MB(共有)65nm×

コア数
マルチコア・プロセッサーは、2 つ以上の別々のプロセッサーや実行コアが同一の集積回路上に
搭載された単一のチップです。
各コアは独立していますが、個別に機能することも、1 つの大規模なタスクを共同で処理することも
できます。
クロック
動作周波数は数字で示されます。
これはギガヘルツ (GHz) で表記されており、1 秒間に何十億サイクル動作するかを表しています。
FSB
(フロントサイド・バス)
フロントサイドバスを通じてCPUとチップセットがデータをやり取りするタイミングを表している。
L2 キャッシュ
L2 キャッシュがあれば、コンピューター内で頻繁にアクセスされる情報が記憶されるので、
タイムラグを発生させずに容易に情報へアクセスできるようになります。
製造プロセス
ハフニウム採用の新しいインテル® 45nm プロセス技術では、65nm プロセス技術以上に
トランジスターの集積度が増加しました。
二酸化シリコン (1960年代から使用) の代わりにハフニウム酸化膜を使用することにより、
新しいトランジスターではリーク電流と発熱量が減少し、切り替えが高速化しています。

どれを選べばいいのか?・・・・
次回はインテル® Core™2 Quadとインテル® Core™2 Duoの性能比較について調べます。

BTOでデスクトップパソコン購入!(CPU編-1)

そろそろ、パソコンを買い替えようか?と思い、各パーツについて、調べて行く事に!
今回はCPUの選択について。
 CPUはパソコンの頭脳。クロック数の高いCPUを選ぶことによって、能力を発揮することができます。

CPUのメーカーについては、インテルを選択。(AMDより信頼性があると思えるので)

CUP(プロセッサー)の種類(インテルサイトより)
インテル® Core™2 Extreme プロセッサー
Extreme (究極の) コンピューティング環境。生き生きとした高解像度画像の再生、
高い応答性が求められるマルチタスク処理に、インテルが誇るデュアルコア技術、
クアッドコア技術を集約したプロセッサーをご利用ください。
インテル® Core™2 Quad プロセッサー
マルチメディア・ユーザーに新たな感動をお届けします。
クアッドコアのパフォーマンスをインテル® Core™2 Quad プロセッサーを搭載した
デスクトップ PC でぜひ体感してください。
高度にスレッド化されたエンターテインメント・アプリケーションや生産性に優れた
マルチタスク環境に理想的なエンジンです。
インテル® Core™2 Duo プロセッサー
優れた処理能力。省電力デュアルコア・テクノロジーを駆使しながら優れた
エネルギー効率が実現されているインテル® Core™2 Duo プロセッサーは、
処理負荷の高いアプリケーションの実行で高いパフォーマンスを発揮します。
インテル® Pentium® デュアルコア・プロセッサー
各種のシンプルな PC タスクに最適。
インテル® Celeron® プロセッサー
基本的な能力のみが必要な場合。

使用用途によりますが、価格、末永く使用する事、快適な動作、必要性を重視し
インテル® Core™2 Quad、インテル® Core™2 Duoの2種類を選択。
次はインテル® Core™2 Quad、インテル® Core™2 Duoについて、調べます。
この選択が難しい!・・・・・

«  | HOME |  »

プロフィール

デジフェチ

Author:デジフェチ
Welcome to ☆DigitalGoods☆
☆リンクフリー
☆相互リンク募集中

Translation 翻訳

最近の記事


★リンク★


このブログをリンクに追加する

検索

Google


最近のコメント


提携

シマンテックストア
マカフィー・ストア
ユニデンダイレクト
ロジクールストア
iTunes Store
Apple Store
ioPLAZA
NEC Direct
ソニースタイル
ウィルコムストア
エプソンダイレクト
e-onkyo
パソコン工房
BOSE
マウスコンピューター
レノボ・ジャパン株式会社
九十九電機
富士通直販
イー・モバイル
フロンティア神代
東芝ダイレクトPC
東芝デジタルAV機器
ドスパラ
シャープ
Two Top
上海問屋
ソフマップ・ドットコム
パナソニック
フェイス
日立ダイレクト
ソーテック
ヒューレット・パッカード
ハンゲーム
SoftBank 920P
LinkShare アフィリエイト
簡単アフィリエイト入門
 -初心者ガイド-

月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSフィード

Powered By FC2ブログ